肌をサビさせる「酸化」と肌が黄ばむ「糖化」とは?

02bffd7c11a924c7c5a7b8819f1d4ed6_s

買ったときはぴかぴかだった自転車がいつの間にかサビてしまった。そんな経験を多くの方がしているのではないでしょうか?

このサビる現象は「酸化」といわれるものです。皮をむいたリンゴが時間とともに茶色くなっていくのも酸化によるものです。

実は、この酸化は肌内でも起きているのです。酸化を引き起こしているのは活性酸素。活性酸素は呼吸しているだけでも発生しますが、紫外線や汚染された空気、喫煙、ストレス、激し
い運動などでさらに過剰に生み出されます。

では、肌がサビるとどうなるのでしょうか?活性酸素が肌の構成要素であるタンパク質やDNAを傷つけ、肌の働きを阻害してしまいます。

その結果、シミ、乾燥、くすみ、たるみといったトラブルを招き、肌老化が進んでしまうのです。

体内には、活性酸素を消去する抗酸化物質がありますが、年齢を重ねるにつれ活性酸素とたたかう力は弱まり、サビやすい肌になっていきます。

肌サビを予防するには、ビタミンA、C、Eといった抗酸化物質を多く含む食品をとるよう心がけてください。

抗酸化成分配合の化粧品を使うのも効果的です。エイジングケア効果をうたっている化粧品には、一般的に抗酸化成分が配合されています。

スポンサーリンク

「糖化」で肌の弾力が奪われる?

063816

酸化が「サビる」ことなら、糖化は「コゲる」または、「黄ばむ」ことといえます。トーストの表面が茶色くコゲるのも、ご飯を長時間おいておくと黄ばむのも、糖化という現象です。

糖化とはタンパク質と糖(グルコース)が結びついて固くなったり、AGEs(最終糖化産物)という物質になること。

肌の弾力を伺っているコラーゲンやエラスチンはタンパク質ですから、ここに糖が結びついて固くなると、ハリ・弾力が失われて、シワやたるみが引き起こされます。

また、AGEsは分解されにくいため年々肌に蓄積され、ターンオーバーを防げてシミを誘引してしまいます。

さらに、AGEsはそれ自体が褐色ですから、蓄積されると肌色が黄色くくすんで見えることに。紫外線や酸化と同様、糖化もさまざまな肌老化の引き金になってしまうのです。

さらに、糖化によってタンパク質が劣化すると、酸化に対する抗酸化酵素が力を発揮できません。つまり、糖化は酸化をも促してしまうのです。

糖化を遅らせるためには、炭水化物や甘いものを取り過ぎないことが大切です。最近では、糖化ケア成分を配合した化粧品も出ていますので、スキンケアに取り入れてみてもいいでしょ
う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。