肌を老化させるダイエット

c43aec73f1a90aef88d95dd31d4f2fb9_s

食事をするときに気にしがちなカロリーですが、最近はダイエットのために高カロリーの炭水化物や肉などを避ける女性もいますが、過度なダイエットは体重とともに筋肉が落ち、それ
と一緒に肌もたるんでしまう可能性があります。

身体は脳や内臓などの生命維持に関係する臓器に優先的に栄養を送るため、髪や爪、肌に十分な栄養が届かず衰えてしまうのです。また、身体が飢餓状態になると基礎代謝も落ち、自律
神経やホルモンバランスが乱れてしまいます。

女性ホルモンのバランスが乱れると、活性酸素を取り除いたり、肌の弾力を保つコラーゲンを維持する作用のある卵胞ホルモンが分泌されにくくなり、肌の老化が促進されてしまうこと
に。

加えて問題となるのが、食事量の減少による便秘です。便秘は、腸内細菌のバランスを乱すだけでなく、美肌にとって大切なビタミンB群の合成を妨げてしまうため、肌を老化させてし
まう原因ともいわれています。

美肌をつくるためには、単純にカロリーを気にするだけではなく、さまざまな栄養をバランスよく肌に行きわたらせるように十分にとることが大切です。

スポンサーリンク

腸内環境を整えて老化をとめる

190188

便秘とは腸内に長時間便が溜まり、本来であれば排出される老廃物や毒素が蓄積している状態。便秘により腸内の善玉菌が減少し、悪玉菌が増えることで、アンモニアなどの有毒ガスや活性酸素が大量に発生し、腸内環境を悪化させます。

さらに、それらが血液に取り込まれ、身体全体にダメージを与えてしまうのです。また、有毒ガスで汚れた血液が肌に届くと血行不良を引き起こし、肌のターンオーバーが乱れ、内側か
ら老化を加速させるという結果に。

それによって、肌のくすみや肌荒れ、吹き出物やニキビなどの肌トラブルが日常的に発生してしまうのです。便秘を解消するためには、ふだんから食物繊維や乳酸菌が含まれる食べ物を
とることが大切です。

食物繊維が多く含まれる野菜やキノコ類、乳酸菌が豊富に含まれる味噌やぬか漬けなどの発酵食品を日々の食事にバランスよく取り入れましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。