「 valuw 」一覧

毎日使うメイク(化粧品)にはこだわって選んでいます

毎日使うメイク(化粧品)にはこだわって選んでいます

間の皮膚は、外側から何か成分を与えても、せいぜい角質層までしか吸収できません。それも油や油に溶けるもの、また分子量500g以下の小さいものではないとまず無理。例えばコラーゲンは分子量が30万、ヒアルロン酸は分子量が100万くらいですから、化粧品に配合しても、通常は表面にとどまって保湿を強化するのみです。

ハリとうるおいのある肌のメカニズム

ハリとうるおいのある肌のメカニズム

コラーゲンがつくられる過程では、銅とともにビタミンCも重要な役割を果たしています。ビタミンCは、ヒモ状のタンパク質の隙間にある「プロリン」というアミノ酸を、「ハイドロキシプロリン」という物質に変えるときに働きかけます。

ニキビやアレルギーに悩まされる理由は?

ニキビやアレルギーに悩まされる理由は?

気になるニキビや吹き出物、これらは毛穴のなかにバイ菌が入り込み、穴のなかで増殖した姿です。ニキビや吹き出物までいかなくても、皮膚の表面では、毛穴などから体内に侵入しようとする細胞とそれを撃退しようとする自己免疫力とが、常に戦いをくり広げています。

乾燥肌の原因は、化粧品にある?

乾燥肌の原因は、化粧品にある?

現代の乾燥肌の異様な増加の原因には、落ちないメイクの流行も原因になっています。顔料がナノテクノロジーによって微細化したため、確かにファンデーションは落ちにくくなりましたが、それは裏を返せばいつまでも顔に貼りついていて、今までの洗浄剤では、よく落ちなくなっていることを意味します。メイク落としには、より強力な洗浄剤が必要となり、クレンジングオイルのような代表的な毒性化粧品が復活してきた、というわけです。

肌のくすみを防ぐには葉もの野菜を摂る

肌のくすみを防ぐには葉もの野菜を摂る

20歳の肌と80歳の肌。ひと目でわかるその違いを、単純に「くすみ」と表現します。加齢とともにくすみが生まれるのはなぜでしょうか。それは、皮膚の細胞が新しく生まれ変わるペースが加齢とともに遅くなるからです。フレッシュな細胞が誕生してから、やがて垢となって皮膚からはがれ落ちるまでの周期をターンオーバーといいます。