「乾燥肌など」・肌タイプ別の化粧品を選びましょう!

56c698e6834ff5774796961361930c8c_s

デパートの化粧品カウンターでよく行われるのが、機械による肌質チェックです。「あなたは乾燥肌タイプですね。乾燥肌なら、これがおすすめです。さらにライン使いされると、効果も2倍ですよ」というような話、一度は聞いたことがあるはずです。

以前診断した時はコンビネーション肌といわれたのに、今度は違うことをいわれ、戸惑った経験はありませんか?実はこの話には間違いが2つあります。

「肌タイプ別の化粧品を使っていますが、タイプの見分け方がよくわかりません」といわれる方が多くいますが、本当に大切なのは、化粧品は「肌タイプ」で選ぶのではなく、「肌コンディション」で選ぶということなのです。

スポンサーリンク

肌タイプを大きくわけると?

肌タイプは、1)オイリー肌、2)ノーマル肌、4)コンビネーション肌の4つに大きくわけることができます。肌タイプはその人自身が持ってうまれた体質であり、一生変わることはありません。

しかし、肌タイプは変わらなくても肌のコンディションは日々変化しています。その日の体調やストレス、喫煙、ホルモンのバランス、使用している化粧品によって肌のコンディションは大きく左右されます。

例えば、肌タイプがオイルー肌の方でも、肌を乾燥させる成分が配合されている化粧品を使い続ければ、みるみるうちに肌は乾燥していきます。ですので、自分の日々の肌コンディションを見極めながら化粧品を選びましょう。

肝心な肌コンディションの見分け方ですが、残念ながらこれといった指標はありません。毎日、自分の肌と向き合うことが大切です。何となく乾燥している、何となくベタツクなど、その「何となく」がコンディションのサインです。もちろん、化粧品カウンターの診断もコンディションを見極める参考になります。

そして、もう一つの間違い、それは「化粧品のライン使い」です。シャンプーで髪を洗った後、シャンプーと同じメーカーの整髪料を使っていますか?歯磨きの後、同じメーカーのマウスウォッシュにこだわりますか?それと同じです。

化粧品はどのメーカーでのものを重ねづけしても安全に作られています。メーカー側としては多くの方にライン使いしてもらったほうがいいので、製品Aの次に製品Bを使う事で成分が相乗効果をもたらすと宣伝していることが多いようです。

もちろん、化粧水で肌を整えた美容液を塗ったほうが肌への浸透率は高くなります。でも、同じメーカーのものを使うともっと浸透率が高くなるかといったら、そんなことはありません。

X社の化粧水はとてもいいけど、美容液はY社の方が優秀など、そのメーカーによって得意、不得意の分野が必ずあると思います。ライン使いをするということは化粧品の選択の幅を決めてしまうことになりますし、最新テクノロジーの発達によって次々と誕生している素晴らしい製品に巡りあう可能性を減らしてしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。