美容液を使う場合、継続がとても重要?

61fece408f222fee7ab143da7b7e224f_s

美容液は、美容成分を高濃度で配合した少し贅沢なスキンケアになります。ゆえに「デードの前日につける」「気になる時だけつける」といった使い方をしている人もいるかもしれま
せんね。

でも、使うのであればある程度継続することが大切です。美容液は肌の悩みを解消したり、将来の肌のトラブルを予防するためのもの。肌の悩みは1日で解決するものではありませんし
、継続しないと予防にもならないため一定期間続けないと効果が得られないことになります。

値段が高いため節約したくなる気持ちはわかりますが、高いからこそ無駄にならないよう効果の得られる使い方をするべきです。

肌の悩みにフォーカスした美容液は、女性たちが効果実感を強く求めるアイテム。そのためメーカー各社は、成分の配合技術や浸透技術の革新にしのぎを削っています。

こうした進化によって美容液を使用するタイミングも一定ではなくなってきています。一般的には化粧水と乳液の間に使うものですが、化粧水の前に使用することで効果の高まる処方に
なっている のもあるため、使い始める前に必ず使用方法を確認するようにしてください。

スポンサーリンク

自分に合った美容液を探す

2b6aba82114bdcd63ca9085529e06cf5_s

美容液は必ずしも必要なアイテムではありません。でも、肌悩みを解消したり理想の肌に近づくためには、ぜひ使用したいアイテムでもあります。まずは美容液の種類をチェックして自
分の目的に合うタイプを見つけてください。

「美白タイプ」
日焼けによるシミを予防するもの。代表的な美白成分としてシミの元となるメラニンの生成を抑える成分(アルブチン、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなど)とメラニン色素を淡色
化する還元作用をもった成分(ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなど)があります。

また多くの美白美容液は、メラニン色素の排出を助けるためのターンオーバー促進成分や肌の透明感を高めるための保湿成分を加えて効果実感を高めています。

「ニキビ対策タイプ」
抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムを配合した医薬部外品が主流。ニキビができやすい成分を排除した「ノンコメドジェニック」表示のあるものを選びましょう。乾燥がニキ
ビの原因になることも多いため、ニキビケアと保湿力を両立させた美容液もあります。

「保湿タイプ」
慢性的に乾燥している肌は、うるおいを届けて水分保持力を高める保湿美容液を。主な配合成分は、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなど。乾燥による目もとの小じわ
にも保湿美容液が有効です。

「エイジングケアタイプ」
年齢による衰えに対抗し、シミ、シワ、たるみ、乾燥、くすみといった肌老化をトータルに予防する美容液。コラーゲン生成を促す成分(レチノール、ナイアシンなど)や細胞の新陳代
謝を活発にする成分(EGF、プロテオグリカンなど)、抗酸化成分(フラーレン、アスタキサンチン、ポリフェノールなど)を配合。とくにフラーレンは突出した抗酸化力と安定性で世界
的に注目されているエイジングケア成分です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。