くすみの原因は、角質肥厚や乾燥、血行不良など

313940

肌のトーンが暗くなり「くすんでいるのかも」と思ったとき、肌を明るくしようとして、美白化粧品を使う人も多いのではないでしょうか?しかし、くすみにはいろいろな原因があるので、美白だけでは改善しないこともあります。

くすみのもっとも大きな原因は、老化による角質肥厚。「角質肥厚」とはその名の通り、角質が肥えて厚くなってしまうことです。

肌のターンオーバーの周期が遅くなり、古い角質がたまって厚くなってしまっている状態です。古い角質はメラニンを含んでいるので、角質肥厚した肌はどんよりとくすんで見えます。

この古い角質をピーリングや酵素洗顔で取り去ることがくすみの最短のケアになります。それ以外に、乾燥によって角質が細かく毛羽立ち、その影がくすみに見えるというケースや、睡眠不足やストレスによる血行不良でくすんで見えることもあります。

原因に合ったくすみ対策を取り入れることが大切です。迷う時は美容皮膚科で相談してみるといいでしょう。

くすみのタイプ別に見てみましょう。「角質肥厚ぐすみ」は肌が硬く、ゴワゴワした感じです。また、洗顔したあと一時的に明るくなります。ケア方法としては、ピーリングや酵素洗顔で古い角質を取り去るといいでしょう。

「乾燥ぐすみ」は、朝のスキンケアのあとは明るいのに、午後になると乾燥によりくすみが悪化します。ケア方法としては、保湿美容液をつけるといいでしょう。

「血行ぐすみ」は、青黒く不健康な顔色で、血行不良により、くまも併発している場合も多いようです。食事や適度な運動による体質改善、ツボ押しマッサージなどが効果あります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。