結構不良のくすみにはツボ押しマッサージが効果あり

461167

血流アップといえば、やはり思い浮かぶのがマッサージです。正しく行えば血行不良でくすんだ肌を明るく導いてくれます。

ただしマッサージは不用意に行うと、肌をこすってしまい、摩擦による負担がかかるので注意が必要です。

朝晩のスキンケアの際に保湿美容液などをたっぷりなじませ、すべりのよい状態で軽く行えば効果的です。

シミ用やシワ用の美容液は、人によっては刺激が出やすいので、マッサージの前は控えましょう。また、ツボ押しはこすらずに済むので肌に負担なく血流改善できるよい方法です。朝夕の習慣にしてみましょう。

血巡りアップのツボ押しポイント

ツボ押し3箇条

1)洗顔後、スキンケアの後で行う。
2)3秒押して、パッと離すのが1セット
3)3箇条のツボをそれぞれ1日3~5セット

ツボの場所

「下関」(げかん)頬骨下を耳側にたどるとある凹んだ部分で、口を開けると出っ張るところです。

「承奨」(しょうしょう)唇のすぐ下で、中央のくぼんだところです。

「四白」(しはく)瞳の真下の骨のふちから指幅1~1.5本ぶんほど下にあるくぼみです。

血巡りアップのマッサージ方法

1)手のひらに保湿美容液を広げ、頬を手のひらで包むようにして、顔全体になじませます。

2)薬指の腹に美容液を少したし、中指と薬指の指先をつけてキツネ指で、小さな円を描くようにしながらなじませます。

3)手のひらで額を押さえて、手に残った美容液をキツネ指でなじませます。

4)なじませる方向は、内側から外側に、下から上にが基本です。ただし、鼻だけは上から下にマッサージ。小鼻の部分も上から下へなじませます。

5)中指と薬指で目のまわりを軽く押さえます。美容液を軽くなじませながら、軽くマッサージするような感覚で。

6)中指と薬指の指先でフェイスラインにそって軽く押さえ、マッサージ終了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。