くすみは透明美肌の最大の敵

15b12d5901c664f2635697817d29148d_s

ひと昔まで美しい肌といえば色白の肌でしたが、最近の女性が好むのは透明感のある肌。そして、誰もが憧れる透明肌を阻むトラブルが「くすみ」です。

くすみといえば40代以降の悩み、というのもひと昔の話で、近頃では20代でもくすみに見舞われている人がいます。

シミならコンシーラーで隠せますが、残念ながらくすんだ肌をファンデーションでカバーしようとしても、どんよりとした印象はぬぐえません。

いくらポイントメイクで彩ってみたところで、垢ぬけない肌がキレイの偏差値を下げてしまいます。一方で、くすみには比較的解消しやすいものもあります。

原因や状態によっては一晩で、早ければ5分で解消できることも。自分のくすみの原因を見極めて、すぐに対処のアクションを起こしましょう。

スポンサーリンク

夕方になるとくすむのはなぜ?

746875

夕方になるとくすむという悩みは、とくにオフィス勤めの女性に多いようです。この原因は、デスクワークなど長時間同じ姿勢でいることによる血行不良。

それにエアコンによる乾燥や冷えが加わると、ますますひどい曇り顔になってしまいます。椅子に座りながらできる足のストレッチや冷え性対策で、夕方ぐすみを防ぎましょう。

もう一つ考えられるのが酸化ぐすみ。皮脂やメイク品に含まれる油分は、空気と触れると酸化して黒ずんでしまいます。朝のメイクの夕方になるとくすみ仮面になってしまうのは、この
ためなのです。

肌が乾燥していると皮脂分泌が活発になるため、対策としては保湿ケアが有効。皮脂の多い時期は。ファンデーションを油分の多いリキッドからパウダーに替えるのも効果的です。

酸化ぐすみは、メイクを落とさず寝てしまうことや、古い化粧品を使用することによっても起こります。

何年も前の口紅やアイシャドウは、油分が劣化している可能性が高く、使い続けるとくすみを通り越して色素沈着や炎症に至ることも。

メイクは毎日きちんと落とす、古い化粧品は使用しない。この二つは必ず守りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。