肌のくすみを防ぐには葉もの野菜を摂る

スポンサーリンク

肌のターンオーバーって?

20歳の肌と80歳の肌。ひと目でわかるその違いを、単純に「くすみ」と表現します。加齢とともにくすみが生まれるのはなぜでしょうか。それは、皮膚の細胞が新しく生まれ変わるペースが加齢とともに遅くなるからです。フレッシュな細胞が誕生してから、やがて垢となって皮膚からはがれ落ちるまでの周期をターンオーバーといいます。

20代前半頃までのターンオーバーは約28日です。ところが、20代の半ばぐらいから全身の新陳代謝が衰えてくるため、肌のターンオーバーも次第に遅くなってきます。そして40歳を超えるターンオーバーに約40日かかるようになります。つまり、40歳を超えた人の肌には40日も前にできた古い細胞が、そのままへばりついているわけです。これが「肌のくすみ」となっているわけです。

葉もの野菜が好きな人は肌がきれい

私は健康管理やダイエットをテーマに、たくさんの中高年の女性を見ていますが、同じ年代の人でも肌のくすみには個人差があります。そこで、肌のくすみのひどい人とそれほどでもない人に話を聞いたところ、肌のくすみがない人は、レタスやキャベツなど葉っぱの多い野菜が大好物で、よく食べていることがわかりました。それも、半端な量ではありません。大きなサラダボウルいっぱいの野菜を、毎日、最低一回は食べているのです。

女性の体に欠乏しやすい栄養素として「葉酸」が話題になったことがあります。葉酸はその名のとおり、とくに葉もの野菜に多く含まれる成分で、皮膚の細胞が生まれたり成長したりするのに欠かせないビタミンです。つまり、年をとっても若々しい肌を保っている人は、知らず知らずのうちに肌にいい食生活を送っているのです。

まだくすみとは縁のない人も、今のうちから葉もの野菜をたくさん食べる習慣をつけておくと肌の老化を予防するのにとても役立つはずです。葉酸と同様に、皮膚の細胞の成長を促し、ターンオーバーのペースを速める成分にビタミンB12があります。

ビタミンB12は、ノリやカツオなど海産物にも多く含まれています。実際、肉類の好きな人より、魚介類を好む人の方が肌がきれいな人が多いようです。肌の老化を防いで、いつまでも美しい肌を維持するには、葉もの野菜と魚介類を中心にした食事が必要といえるでしょう。

毎日の暮らしと2つの工夫

まず一つは、お風呂の入り方です。毎晩、夕食を早めにとり、お風呂には必ず食後3~4時間たってから入るのだそうです。食べ物に含まれている脂肪成分が、体内で吸収され、血液によって体のすみずみまで選ばれるのに、3~4時間かかります。

そこで、夕食でとった脂肪分が血液中にあらわれる時間帯を狙ってお風呂に入ると、血液がよくなり、さらにその脂肪成分が血液からにじみ出て、肌に潤いを与えてくれるというわけなのです。また、心臓などと、同じように肌も臓器の一つですから、栄養や酸素をたくさん抱えた血液がサラサラとたくさん流れていることが大切です。

そこで2つ目の工夫です。料理する時に「しそ油」を使うことです。しそ油にはα-リノレン酸と呼ばれる脂肪成分が主成分です。α-リノレン酸は体内に入ると、青魚などに含まれる脂肪酸EPAに変換されます。したがって、しそ油には、血液をよくして血栓症などを防ぐといわれる青魚と同じ働きを期待できるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。