保湿アイテムは化粧水、美容液、クリーム、乳液の4つで

b0606e07dee32396cbefe7c95513d75d_s

汚れをしっかり落としきったら、肌の水分量をキープするための「保湿」ケアをしましょう。基本的には洗顔や紫外線、気候の変化、加齢、ストレスなどで失われた角質層の保湿成分(
セラミド、NMF(天然保湿因子)、皮脂)を補うために、1~4つのアイテムを使います。

洗顔後、まずは化粧水で肌のキメを整え、そのあとに使用する美容液やクリームが浸透しやすくなる土台をつくります。次に保湿、美白、アンチエイジングの自分に必要な成分を配合し
た美容液を塗ります。最後は乳液やクリームで油分を補い、保湿は完了です。

化粧水は高価なものを出し惜しみしながら使うより、パシャパシャたくさん使えるリーズナブルな方を選ぶ方が肌は喜びます。化粧水だけで水分補給・保湿ができるというのは都市伝説
です。

化粧水は水分が多く、保湿成分や油分をたくさん配合できません。化粧水を使う目的は、清涼感やその後に使うコスメが浸透しやすいよう肌のキメを整えたりすることなのです。

スポンサーリンク

美容液の定義とは?

美容液は美容成分が豊富に含まれているのが特徴です。クリームやジェルなどさまざまな形態があり、明確な定義はありません。

自分の目的にあった1品に絞って使いましょう。保湿美容液なら冬は多めに、ベタ付きが気になる夏は量を減らせばOKです。シーズンごとに買い替える必要はありません。

乳液とクリームは、洗顔後、皮脂が分泌されるまでの30分~2時間ほどのあいだ、肌内部の水分が蒸発しないよう膜をつくるのに必要なアイテムです。

乳液とクリームの違いは、メーカーが定めている粘度の基準によるものです。成分や働きに大きな違いはありません。「脂性だから乳液だけ」「乾燥肌だから両方使う」といったマニュ
アル思考は捨て、自分の肌タイプに必要な機能と好みの使用感で判断してください。

以前は化粧水、乳液、クリーム、美容液・・・と保湿をしていた人が主流でしたが、最近では、化粧水の後クリームのみで乳液不要派の人も多数います。では、本当に乳液はいらないの
か、といえば答えは人それぞれです。

乳液とクリームは、水分と油分の違いなので、乳液のみでいい人もいれば、クリームのみがいい人も、やっぱり両方がいい人もいます。部分的に乾燥する人は、その部分だけ重ねて使う
のもいいでしょう。人の意見に惑わされず、自分の肌に聞いてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。