乳液やクリームの役割は?絶対つけないといけないの?

422e74af17cd4bd2eefdd6a658c77969_s
乳液とクリームはいずれも油分を補い、肌をやわらかく滑らかに保つもの。通常30代までは皮脂の分泌量が十分ですから、乳液やクリームは少量でOKです。

でも40代くらいになると皮脂量が低下するため、油分を補う必要がでてきます。油分が苦手という人も乾燥しやすい目もとや口元だけは塗布しておいたほうがいいでしょう。

もう一つの役割は、油溶性の美容成分を肌に届けること。例えば、人気の美容成分であるビタミンC誘導体には水溶性と油溶性がありますが、油溶性の方が保湿力、浸透性、安定性が高
いという特徴をもっています。こうした油溶性の美容成分は、油に溶けやすいため化粧水よりも乳液やクリームのほうが配合しやすいのです。

乳液とクリームの違いは、油分と水分のバランスです。乳液の油分は約20%前後と少なく、軽いつけ心地です。クリームの油分は25~50%くらいのものが多く、コクのあるテクスチャー
でよりしっとり感を得られます。

メイクを重ねる朝は軽い乳液にして、夜はクリームで寝ている間にしっかりと保湿、という使い方もあります。とくに最近のクリームには、エイジングケアをはじめとした美容成分がた
っぷりと入っているので、肌の修復機能が高まる夜に使うと効果的です。

一方、乳液には朝の使用を意識して、UVカット効果やメイク下地の機能を兼ね備えているものもあります。

スポンサーリンク

美肌には、乳液・クリーム両方使う?

403701

乾燥しているからといって油分を与えすぎると、肌はどんどん皮脂を出さなくなってしまいます。すると、ますます乾燥が進むという悪しきスパイラルにはまるため、乳液とクリームは
どちらかひとつにするか、気になる部分にだけクリーム、その他は乳液といった使い方が望ましいでしょう。

スキンケアアイテムが増えると肌への刺激や摩擦も増えてしまうため、使用アイテムは少ないに越したことはありません。どちらかひとつだけでは乾燥を感じる方は、一定期間のみ乳液
とクリームを併用してください。

そして、少しずつ量を減らしたり、調子のいい日はどちらかを省くようにして、肌に与える油分の量を減らしていきます。スキンケアの目的は、肌が自ら美しくなろうとする力をそっと
後押しすること。お手入れが過剰にならないようにいつも心がけてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。