水分補給は内側からのスキンケア

452684

人の身体の60%以上は水分で、肌細胞も同じく60%が水分。水分が不足すると肌の構造にガタつきが出て、ターンオーバーも乱れてしまいます。肌は血液、体液などの水分を介してエネルギーの受け渡しをしているため、不足すると細胞も働かなくなってしまいます。

こうした水分不足のうち、化粧品で補えるのは主に角質部分のみ。真皮や肌に栄養を運ぶ毛細血管の水分は、外側からのスキンケアではまかなうことはできません。そこで実践したいの
が内側からの水分補給です。

実は私たちの多くは慢性的な水分不足。運動をしていなくても常に汗をかいていますし、呼吸によって絶えず水分が蒸発しています。とくに、冬は空気が乾燥しているため知らないうち
に皮膚から水分が失われていくにもかかわらず、喉の渇きを感じにくく水分不足に陥りがちです。

喉が渇いたと感じた時には、すでに水分が不足していますから、唇が渇いたかなと感じた頃にコップ一杯の水を補給しましょう。また寝ている間にも汗をかくため、朝の身体は脱水症状
です。起きてすぐと、寝る前にもコップ一杯の水をとるように心がけましょう。

スポンサーリンク

効果的な水分補給の仕方

8838ed5fffd30c554dc15f42983e3dfc_s

こうしたプチ脱水症状を解消し、健康と美肌を手に入れるためには、1日に2リットルの水を飲むことが大切という説があります。でも、この説は効果の上がる人とそうでない人がいるた
め注意が必要です。

体質によっては内臓に負担をかけてしまい、むくみや倦怠感を招くこともあるのです。まずは、1日1.5リットルくらいを目安にして、体調を確かめながら自分にあった量を見つけましょ
う。

また、一度にたくさんの水を飲んでも体外に排出されてしまいますから、こまめにコップ一杯の水を飲む「ちょこちょこ補給」がおすすめです。朝起きたら一杯、3度の食事で1杯ずつ、
お風呂上りに1杯、寝る前に1杯くらいのペースを目指しましょう。

とくに朝の水分補給は腸を目覚めさせ、1日を快調に過ごすためのスイッチを入れる重要な1杯です。水の温度は、常温か少しぬるめのお湯にしてください。冷水は、胃腸に負担をかけ冷
えの原因になってしまいます。

コーヒーや緑茶などカフェインの多い飲料やアルコールは、水分補給とはいえません。それは、利尿作用によって、飲んだ量以上の水分が排出されてしまうからです。真水のままでは喉
を通りにくいという人は、レモンやライムを入れた水や炭酸水を試してみてください。

無理のない方法で水分補給を続けて、内側からみずみずしく輝く肌を手にいれましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。