無添加化粧品、ナチュラルコスメとは?

f9ef9b113f9f3c0e4884cff3b6ef161e_s

実は、無添加化粧品の明確な定義はありません。通常は「旧指定成分」を配合していないという意味で使われているようです。「旧指定成分」とは、厚生労働省の毒性実験で、アレルギ
ーや皮膚障害を起こすリスクが高いことが確かめられた成分のこと。

これらは石油系界面活性剤、防腐剤、合成色素といった人工的な化学物質で、その数は102種類にも上ります。以前はこれらの成分のみ表記が必要でしたが、2001年に全成分表示が義務づ
けられたため、「旧指定成分」と呼ばれるようになりました。

こうしたリスクの高い成分を配合していないということで、無添加化粧品は肌にやさしいといえます。でも、旧指定成分以外にも化学物質はたくさんあり、「無添加」と書かれているか
らといって、化学物質がゼロということではありません。

スポンサーリンク

自分の肌にいい化粧品とは?

a8f8b68cdaa1f5c98a89eb39dbaf7474_s

無添加化粧品以外にも肌にやさしいイメージの化粧品があります。ナチュラルコスメ、自然派化粧品、天然由来スキンケア、オーガニックコスメ・・。

これらの違いはなんでしょうか?どれがいちばん肌に優しいのでしょうか?

まず、ナチュラルコスメ、自然派化粧品、天然由来スキンケアというのは、どれも植物由来の天然成分が含まれた化粧品のことです。デリケートは肌のためになるべく自然のものを配合
しようというメーカーの意図が汲み取れます。

しかし、植物エキスはほんの少し配合しただけでほとんどが人工的な化学物質、という化粧品の存在も否めません。

そして、オーガニックコスメにも残念ながら明確な基準はありません。一般的には、オーガニック認証の原料を使用している化粧品のことを指しています。オーガニックとは、各国の認
証機関によって基準が異なりますが、「3年以上、農薬・科学肥料を使用していない土地で有機栽培された植物、または野生の植物」といったような基準です。

自然派化粧品にしてもオーガニックコスメにしても、その素材以外の配合成分にも着目しなければ、どれくらい肌にやさしい製品であるかは見えてきません。つまり、イメージに惑わさ
れず、賢い消費者になる必要があるのです。

各化粧品メーカーがどのような安全基準をもっているか、品質に対してどういった姿勢ももっているかを調べることは良い方法でしょう。

最終的には、自分の肌につけてみて、「肌が喜んでいる」「なんだか心地いい感じ」「肌がイキイキしてきた」など自らの五感をフル回転させて確認することが、最も信頼できる答えな
のかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする