肌トラブルは免疫力をアップさせて治そう

acne-1606765_640

肌のトラブルを治す対策方法はいろいろありますが、共通するのは、できてしまった肌トラブルは自分の免疫力で治すしかないということです。要は、いかにして免疫力をあげるかが対策法のカギになってきます。

そのために、美味しくバランスのいいご飯を食べたり、充分な睡眠をとったりして体と心の調子を整え、免疫力を上げることで、次第に肌トラブルも改善されていくはずです。

多少の肌トラブルがあっても、あれこれ手を出さずに「仕方ない」と割り切ることも重要です。気に病んでいては、免疫力はあがりません。

スポンサーリンク

肌にニキビができてしまった時の肌の対処法は?

790837

ニキビができているときは、肌を清潔に保つことが大切です。いじらず、そっとしてあげましょう。よくつぶしてしまう方がいますが、これは絶対にNGです。かえって悪化することもあるので、炎症部分は決していじらないようにして、消毒&殺菌を徹底しましょう。

綿棒で消毒液やニキビ専用剤をつけておくと治りは早くなります。また、炎症を起こしている部分は、色素沈着させないよう紫外線にあてないことも大事です。

日焼け止めやファンデーションは油分が多く、酸化をすると幹部によくないのでおすすめできませんが、パウダーをはたいたり、帽子を被ったりして、紫外線対策を心がけましょう。

生理前にニキビができてしまうタイプの方は、ニキビを早く治したいなら、清潔にし、水分をたっぷりあたえ、いじらずに鎮静されるのを待つのが得策です。生理前にニキビができてしまったら、極力生活にゆとりをもつようにしましょう。

イライラすると、免疫力が下がってニキビができやすくなるので、ゆったりした気持ちで生活するといいでしょう。白い小さなニキビができるタイプなら、生理前にソフトピーリングをしてみては?肌が厚くなり、皮脂が詰まりやすくなるのを防げます。

このように、自分の肌がいつどんなときにニキビができやすいかを理解していれば、大難を小難にすることができます。

ニキビ跡は、炎症跡が色素沈着したものです。いわば、シミと同じような状態です。ということは、対策もシミ同様、美白コスメ、UV対策、ビタミンCといった抗酸化成分の摂取などを上手に組み合わせて緩和させましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする