ニキビに悪いの!アルコール・コーヒー・タバコの刺激?

coffee-2374466_640

人は精神的なストレスの多い生活をしていると、コーヒーやアルコール、タバコなどで気分を紛らわそうとします。これらの嗜好品そのものの刺激もニキビによくないのですが、体内に入った嗜好品が今度は、体にとっての新たなストレスと化してしまうことがあります。

体にストレスがかかることで起きる変化で、ニキビとかかわりが深いのはビタミンCの消耗です。ビタミンCは体の抵抗力を高め、組織の修復に非常に重要なものです。傷ついた体にとってどのくらいビタミンCが大切かは、外科手術のあとでビタミンCを投与することでもわかります。

つまり、ビタミンCがコラーゲンというタンパク質の合成に働きかけて、手術の傷口を治すのに役立つのです。ニキビも肌にとっては傷のようなもので、早く治すにはビタミンCがたっぷり必要です。

スポンサーリンク

ニキビとビタミンCの関係は?

lime-2133091_640
この大事な時期にビタミンCをストレスで浪費し、欠乏させると、ニキビは悪化するばかりで一向によくなりません。さて、それではなぜ精神的なストレスを感じると、私たちの体はビタミンCを消費するのでしょうか?

それは、私たちがストレスを感じると、副腎皮質ホルモン系のホルモンの働きが活発化しますが、この作用が血中のビタミンCを通常より余分に消費することになるからです。

また、喫煙によっても、ビタミンCは通常より余分に消費されます。アルコールやコーヒーなども体に入ると、ビタミンCの消費を増やします。ここでは、精神的なストレスではなく、嗜好品そのものが体にとってのストレスになって、ビタミンCが消費されるのです。

ビタミンを消費する以外でも、コーヒー、アルコール、タバコのニキビへの害はあります。まず、体にとって一種の「毒」が入ることで、肝臓の機能が低下することがあげられます。肝臓の処理力が落ちると、その分だけ皮脂腺から皮脂の分泌が高まり、ニキビ悪化に拍車をかけます。

また、肝臓のもつ解毒作用が弱くなりますから、肌のバイキンに対する抵抗力も格段に落ちるので、ニキビにとって二重のダメージになるのです。このように、嗜好品漬けの日常、ストレスに満ちた心待ちで迎える食事ほど、ニキビに悪いものはないといえます。

本来は嗜好品に依存しないと耐えられないほどストレスのかかる生活がいけないのですが、生活を変えることが難しいならば、消耗する分を差し引いた分、多めにビタミンCの多く含まれた食品をとることを勧めます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。