敏感肌にオーガニックコスメは止めた方がいい

161899

オーガニック(有機栽培)という言葉を聞くと「ナチュラル」「安心・安全」「体にやさしい」など、ポジティブなイメージが広がる方が多いと思いますが、本当にそのイメージは正しいのでしょうか?

「天然の植物エキスだから肌にやさしい」と考える方が多いのかもしれませんが、これは間違いの場合があるので注意が必要です。実はオーガニックの植物エキスは、採取する時期や天候などの影響もうけ、成分構成や有機化学成分の詳しい配合率など、成分に関する分析がされていないものが多くあるのです。

皮膚科で処方されるワセリンに代表される合成原料のように、安定した状態のものではないため、未知の物質が肌に思わぬ刺激を与えてしまうこともあります。

スポンサーリンク

オーガニックだから、すべて自分の肌に合うとは限らない

もちろん肌質に合い、気持ちよくお手入れできることもありますが、「オーガニックだから肌に刺激がないわけではない」ということは覚えておいてください。

実は、肌が敏感な時期に役立つのは、オーガニックコスメではなく、安価なコスメ。多様な成分が入っている高価なコスメと異なり、安価なコスメには、機能的な成分をあまり入れることができません。

ちなみに、敏感肌とは化粧品や洗顔料・紫外線といった「外からの刺激」に対して弱い肌のことをいいます。普通肌の人が使っても問題のない化粧品やケア用品でも、ほてり・かゆみ・痛み・かぶれといった症状が起きてしまうデリケートな肌質です。

水、油など、基本のベースでお肌の潤いを閉じ込める基本的な働きだけなので、未知の物質で肌に刺激を与える心配がないのです。肌が敏感な時期や敏感肌の方は、成分数の少ない安価なコスメや敏感肌用コスメを選ぶようにしましょう。

もし、敏感肌の方が新しいオーガニックコスメを試すのなら、ハンドクリームやボディクリームなどから始めてみてください。つけるコスメの吸収率は体の部位によって大きく変わるのですが、顔は吸収率がかない高い部分です。

そこにいきなりオーガニックコスメをつけるのは、万が一トラブルが出たときのことを考えると、おすすめできない方法です。手や体で試して問題がなければ、同じラインの顔のコスメを使うようにしましょう。

最後に、敏感肌と乾燥肌では敏感肌の方が含まれる症状が多く、その中には乾燥が含まれる場合もあります。

ただし、敏感肌の場合には乾燥だけでなく刺激による幅広い症状が出ることも少なくありません。普段から化粧品が合わないことが多い方は敏感肌と乾燥肌の違いを把握して、自分がどちらに当てはまるのかを考えてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。