「 化粧品 」一覧

毎日使うメイク(化粧品)にはこだわって選んでいます

毎日使うメイク(化粧品)にはこだわって選んでいます

間の皮膚は、外側から何か成分を与えても、せいぜい角質層までしか吸収できません。それも油や油に溶けるもの、また分子量500g以下の小さいものではないとまず無理。例えばコラーゲンは分子量が30万、ヒアルロン酸は分子量が100万くらいですから、化粧品に配合しても、通常は表面にとどまって保湿を強化するのみです。

乾燥肌の原因は、化粧品にある?

乾燥肌の原因は、化粧品にある?

現代の乾燥肌の異様な増加の原因には、落ちないメイクの流行も原因になっています。顔料がナノテクノロジーによって微細化したため、確かにファンデーションは落ちにくくなりましたが、それは裏を返せばいつまでも顔に貼りついていて、今までの洗浄剤では、よく落ちなくなっていることを意味します。メイク落としには、より強力な洗浄剤が必要となり、クレンジングオイルのような代表的な毒性化粧品が復活してきた、というわけです。